沖縄の防犯カメラ会社は設置場所の助言やアフターフォローもばっちり

屋根に取り付けた防犯カメラ

沖縄県で防犯カメラを取り付ける時に最適な場所

天井の防犯カメラ

沖縄県では不在時の空き巣の被害などを防ぐ目的で、会社や自宅に防犯カメラを設置する人が増えています。しかし、利用者の中には、どこに取り付ければいいか分からずに頭を悩ませる人も少なくありません。
防犯カメラは証拠を録画する目的でも使うことはできますが、犯罪を未然に防ぐために設置することが大前提となるので、侵入者にカメラの存在を分からせることが重要となります。
マンションなどの集合住宅やオフィスビルの設置で基本となるのが入り口のエントランスです。建物への侵入は関係者を装って堂々と正面から入るケースも多く、防犯に高い効果を発揮すると言われています。また、入り口への設置は住人や従業員の安心に繋がるのもメリットの一つです。そのほか、利用頻度が高い移動で使われるエレベーターホールや、1階の階段付近に取り付けるのも効果があります。
建物と並んで注意しなくてはいけないポイントが屋外の駐車場です。沖縄県では、資産価値が高い高級車を狙った車上荒らしなどの犯罪も増加傾向にあるので、防犯カメラの設置が必須とされています。屋外の駐車場は日中よりも人通りの少ない夜間が狙われやすいため、昼夜を問わず撮影ができる物が理想です。
カメラは角度や高さで映像の質が大きく変わります。沖縄県で防犯カメラを設置する時は、セキュリティ関係の専門会社に任せることが大切です。